自動車メーカーの開発状況と買取相場

「400万台クラブ」という言葉、覚えているだろうか。これは1990年代初頭に盛んに唱えられた、生産台数が年間400万台に満たない自動車メーカーは、将来生き残ることができないだろうという説だ。当時フォードのCEOたったジャックーナッサーは、21世紀には自動車メーカーは6つにまで淘汰されるはずだと言っていたものである。実際、当時はダイムラーとクライスラーの合併をけじめ、様々なM&A(合併買収)劇が繰り広げられたものだが、その結果どうなったか。大規模合併はことごとく失敗して、世界には相変わらず数多くの自動車メーカーが存在している。日本だけを見ても話は一緒だ。何を根拠に宣うのか、経済の専門家やアナリスト諸氏から多過ぎると言われ続けてきた9社の自動車メーカーが、資本関係の変化、ビジネス内容の変化などはありつつも、今もすべて生き残っているのはご存知の通りである。しかし400万台という数字は荒唐無稽なものではなく、拡大する世界の市場に対応するべく仕向け地向けのモデルを開発し、環境技術、安全技術をアップデートしていきつつ利益を出していくと考えれば、それぐらいの台数が無ければ採算が合わないという計算が、その根拠にはあった。では実際、400万台クラブの代わりに何か起きたのかと言えば、自動車メーカー同士の垣根を越えたアライアンスが一気に進むことだったのだ。

■日欧間でも大きく動き出した新時代提携
最近の大きな話題が、トヨタとBMWの提携である。トヨタはBMWのディーゼルエンジンを得て、代わりにハイブリッドや燃料電池の技術を供与する。更には両社でスポーツカーの共同開発を行なうというのが、その内容。要するに、お互いの不得手とする分野を補い合おうというわけである。また、すでにひとつの会社と言ってもいい日産とルノーは、車体もエンジンも多くの部分で共有化が進行中だ。最近では、そこにダイムラーも乗っかってきて、近い将来にはエンジンだけでなく車体の一部まで融通し合うことになる。日産の海外向け高級車ブランド、インフィニティの新型車はダイムラーの車体とエンジンを使うのだ。更にはここに来て、マツダとフィアットが、まずは次期ロードスターをベースにアルフアースパイダーを産み出すところから協業をスタートさせた。海外メーカーは、こうした合従連衡にあまり抵抗が無いように見える。ダイムラー・クライスラーは破綻したが、クライスラーは何とフィアットに救済された。BMWはPSA(プジョー・シトロエン)とエンジンを共用しているが、そのPSAは欧州危機のあおりを受けて、やはり不振のオペルを抱えるGMと小型車の共同開発にまで踏み込んだ提携を結ぶに至っている。リーマンショックの直後には、何と永遠のライバルかと思われたメルセデスペンツとBMWが部品調達などで手を結ぶなんて話も出た。しかし、これはさすがに立ち消えになってしまった。そう、すべてがうまくいくわけではない。三菱はPSAと交渉していたが、提携には至らなかった。まあ、そのPSAですらGMと接近せざるを得なかったのだから、本当に一寸先のことは解らない。面白いのは、ホンダである。この会社はずっと自主独立。まあ一瞬、ローバーに手を出しはしたが、すぐに諦めて、今はどことも提携関係は結んでいない。今後もそのつもりは無さそうだ。

■「どれを買っても同じ」としか思われなくなつたらクルマは終わる
先に書いた通り、今の自動車メーカーにはやるべき仕事があまりに多過ぎる。エンジンひとつ取っても、日本と北米、中国はガソリンだが、ヨーロッパはディーゼルが主流。排ガス規制も全部異なるから、それらに全部、個別に対応しなければならない。結局のところ、それはもう無理だと世界中の自動車メーカーの利害が一致したことで、こうしたアライアンスが一気に進んだわけである。それは、あくまで自動車メーカーの側の都合でしかない。ユーザー目線では、これがクルマをつまらなくする可能性もある。何しろ心臓が、ハートが、ヨソのものなのだ。かつて自動車メーカーにとっては命たったはずのエンジンが、今では貸し借りされるような部品の一部になってしまった。実際、私はBMW製の今のプジョーーのエンジン、良く出来ているとは思いつつ、何だか味気ないなと感じている。そんなことが、しかし今やごく普通の話なのだ。日本メーカーにも、今後こうした波は今以上に押し寄せてくるだろう。他のページでも書いているが、日産車にダイムラーのエンジンが載るなんて、ほんの数年前には想像もしなかったことが起ころうとしているのである。すべての自動車メーカーに求められるのは、それでもなお、他社には絶対に真似のできない、そのメーカーにしか生み出せない個性をいかにつくり出すかということだ。それができないメーカーは、容易に取り替えの利く存在になってしまうだろう。ここまでグローバル化された時代だからこそ、逆に独自性が何より大事になるのだ。

おすすめの車一括査定はコレ

Continue Reading


トヨタのツーシーターMR-S

何と言っていいのでしょうね、この外観は。 好き好きではありましょうが・・・、個人的にはやっぱり何もこうグッとは来ないですね。手軽な、「ミッドシップランナバウト」そういうコンセプトには忠実に作られたクルマではあります。普通に毎日アシとしてそこそこ楽しく気持ちよく乗れるクルマ。 サイフにも優しく。 高速でオープンにしても100キロでそんなに風を巻き込まず快適に気持ちよく走れる。 フロントウインドゥもあまり寝てなくて、立っていて開放感もある。 これでイマイチと言うなら、お前は何がいいんだい?と言われたら・・・ エリーゼはそのうち乗ってみるにしても ボクスターはどう? あれは、確かに良い。 感覚性能的にも、絶対性能的にも。 マシンとして本当に洗練されている。 欠点は絶対的なサイズがそこそこでかいこと(幅が広い)。と意外とハイギアードなこと。2速で130キロまでいっちゃうんだよな。その点では2速で90キロちょい、3速でやっと130キロなこのMRSの方が「やってる感」は味わえる。ボディサイズのコンパクトさも、やっぱり日本の狭いワインディングには合っている。(長さ389cm、幅169cm)(ボクスタは幅180cm)だから、なんか惜しいなー、このクルマ。いい所も結構あるんだけどねぇ。 でも今回乗ってみて良かったです。良い所が分かったので。またエリーゼ体験にステップアップしたいと思います。 箱根と名古屋にレンタカーがあることを知った。(約3時間で131km走行。リッター10.3kmでした)自分で持つのは・・・でも、妹に乗っててもらって借りたい車って感じですね。  中古のタマも豊かではないだろうから、小奇麗だと結構高かったり?(^^)そうですね、自分で持たずにたまに借りて乗れたらいいですね。中古車検索してみたら確かに希少。程度良さげは高いですね。ポン付けターボキットがあるようです。速そう。個人的には登場したときからずっと『大きなBeat』というイメージの車でした。モタショで見た時は、魅力的に見えたんですがね~街中で見掛けても、珍しいとは思っても、カッコイイとは思えない微妙な車ですね^_^;
球数少ないから、天邪鬼向きなんですがねぇ(苦笑)スポーツカーに限らず、カッコウは大事ですよね。 でも、確かに、人が乗っていないクルマ、ほとんど見かけない希少車は、あふれているクルマより乗ってみたいと思うかな・・・ あ、でも、自分の場合、振り返ると・・・
EP71スターレット

NA8Cユーノスロードスター

一番売れていた頃のステップワゴン

丸目インプターボ

E46 BMW330
・・・ってメジャー路線を一直線?(笑) 今でこそ、クライスラーですが・・・でもその道では王道でしょうか・・・


水平対向エンジン

当然、積載する物や目的によって、大きさや価格が大きく異なる。 また、車種によって、屋根上への取り付け方が変わってくる。 そのための部品等の価格も考えなくてはならないので、この場では、購入には至らず。 消耗品を購入してから、すっきりしない気持ちのまま帰途に就く。 その途中、次に購入したい車メーカーの大型中古車店があったので、覗いてみた。 漠然と次に欲しいと思っている車は、スバルのエクシーガ。
水平対向エンジンと、四輪駆動の信頼性に惹かれているのだが、現在のプレマシーに満足しているのも事実。 とりあえず、在庫として置いてあったエクシーガを見てきた。 確かに、中古車の価格は魅力的。ただ、どうしても欲しいと思っている複数の装備が全て揃っている車が少ない。 新車で購入すれば、欲しい装備を全て揃えて購入することができるのだろうが、その価格差は100万円以上。 100万円以上をケチって我慢を強いるか、満足する車を購入して支払いで苦しむか?? 新車のカタログをもらい、車の説明を聞いてきたのだが、プレマシー購入の時のような、衝動的な購入意欲は、今のところ沸いてこない。 ただ、我が家のプレマシーも既に8年目。そろそろ違う車に乗ってみたいという気持ちもある。 今までのプレマシーに乗り続けるのか?中古車に乗換えるのか??新車を購入してしまうのか??? こういう比較検討って、結構楽しいものですな♪♪


東京で車は必要か

都心部は交通機関が発展してるし駐車場料金もバカ高いので、無くてもよい、又は持っていてもたまにしか使わないから軽でいい、っていう家庭はありそうだけどねー
どペーパーな私は軽であれレンタカーであれ、お車を出していただけるだけでありがたいです。
まぁ乗り心地で言えばセダンが好きですw


新しい愛車

RX-8が納車されて、そろそろ1週間です。
前の愛車はアップルで査定してもらい、高額で買い取ってもらいました。
だいぶん、この車の特性というものが掴めてきたような気がしています。 
さて、天気が良かったので、本当に久しぶりに自力で洗車してきました。 
程度が良いとされていても、元々が7年落ちの中古車ですので、 
過度な期待はしていませんでしたが、やはり相応にキズが一杯という感じでした。 
ただ、前オーナーは、それなりに大事に乗っていたようです。タッチペンなどで 
色々な場所に補修した跡があり、そういうのを見つけるために洗車したような感じでした。 
これだけのキズを確認すれば、こちらもあまり意識せずに使えるというか、 
過度にキズを恐れずに使えるというか・・、まぁ、こんなところでしょう。 
なんにせよ、洗車していて感じたことは、 
黒い車は磨くのがとても楽しい^^  ということ。 
キズ隠しのコーティング剤を買って、それなりに頑張って塗り込みをして 
最後に拭きあげをしましたが、なんか妙に充実した時間でした。 
この車とは、過度に大事にしすぎず 
でも丁寧に乗って、長く付き合えればと思っています。 


人気の中古車買取業者

赤平吉雄 東京都江戸川区北葛西3丁目6-4 134-0081 03-3689-3311 車買取
足立部品 東京都足立区島根2丁目13‐20 121-0815 03-3883-3721 自動車買取業
車・工房ブレイク 新潟県新潟市江南区曙町1丁目8-3 950-0134 025-382-0085 中古車査定業
車体用品工業株式会社 千葉県香取市木内虫幡上小堀入会地大平3-2 289-0308 0478-82-8877 車買取
車工房 北海道北見市常盤町5丁目19-5 090-0817 0157-69-1366 自動車買取業
車工房 山形県山形市前田町17-7 990-2411 023-629-6255 中古車査定業
車輪館 東京都東村山市秋津町2丁目15-2 189-0001 042-394-6617 車買取
車輪館本店 神奈川県厚木市上荻野869-8 243-0201 046-291-0006 自動車買取業
車遊人 兵庫県多可郡多可町中区糀屋63-2 679-1133 0120-184391 中古車査定業
辰己屋興業(株)京都営業所 京都府京都市南区吉祥院嶋野間詰町67 601-8363 075-661-1104 車買取
辰己屋興業(株)徳島営業所 徳島県徳島市国府町北岩延桑添23‐2 779-3119 088-642-8777 自動車買取業
辰巳商会 埼玉県深谷市小前田2761 369-1246 048-584-5114 中古車査定業
辰巳屋興業株式会社八王子営業所 東京都八王子市大和田町1丁目5-20 192-0045 042-645-6681 車買取
辰巳屋興業株式会社郡山営業所 福島県郡山市安積町長久保1丁目4-6 963-0105 024-945-1027 自動車買取業
辰巳屋興業株式会社金沢営業所 石川県金沢市西泉3丁目108 921-8043 076-242-8211 中古車査定業
辰巳屋興業株式会社静岡営業所 静岡県静岡市駿河区池田148-2 422-8005 054-262-5246 車買取
辰巳屋興業(株)名古屋支店 愛知県名古屋市昭和区白金3丁目20‐15 466-0058 052-872-3111 中古車査定業
辰巳屋興業(株)富山営業所 富山県富山市問屋町1丁目7‐51 930-0834 076-451-4441 自動車買取業
辰巳屋興業(株)広島営業所 広島県広島市西区南観音2丁目7‐2 733-0035 082-294-3012 中古車査定業
辰巳屋興業(株)東京支店 東京都葛飾区西新小岩3丁目8‐4 124-0025 03-3696-6101 車買取
辰巳屋興業(株)福岡支店 福岡県福岡市博多区榎田1丁目3‐44 812-0004 092-411-6766 自動車買取業
近森自動車部品 高知県高知市南川添17-26 780-0082 088-884-0963 車買取
近江屋部品商会 北海道北見市とん田東町396-4 090-0833 0157-24-1777 自動車買取業
近江屋部品斜里店 北海道斜里郡斜里町青葉町24‐29 099-4117 0152-23-4357 中古車査定業
近江用品商会 広島県広島市佐伯区藤の木2丁目14-10 731-5103 082-926-4516 車買取

スバルの中古車

違う道を走ると印象が違うことが多々あるから。 
一方の店での記憶が新しいうちに、もう一方でも試すため、ハシゴすることに。 
こちらでも1.6から乗ることにした。 
【その3】1.6GT-S (1.6のビル仕様)
前店での試乗コースはどちらかと言うと直線番長コースでただ踏みつけて終わりみたいな。

こちらもワインディングこそないが、路面の悪い直線で、アシとボディの感じは試せるのと、まっすぐでも極端に交通量が少ないので、スラロームのようなことをして、模擬ワインディングができた。

ノーマルアシとビルシュタインアシの違いはどう?
ビルアシの方が、締まっている。
ビルアシの方が、低速でややコツコツする。
でもこのコツコツは17→18インチのインチアップ(50→45)のせいもあり、どっちがどの程度効いているのかはよく分からない。
かといってノーマルアシがそんなに乗り心地がいいか、と言うとそうでもない。
なんだか中途半端なアシに思えた。
確かに当たりはビルアシ仕様よりも柔らかいのだけれど。
それはタイヤの扁平率の違いによるものかもしれない。
注意していると、やや、ブルブルが残る感じもあることはある。
ビルシュタインの方がすっきり感がある。
前店ではやっていなかったことを試した。
60km/から一旦40km/hに落として、そこからまた60km/hに加速してみる。
これが1.6はかなりやりにくかった。
不自然とい言っていい。


三菱車

夕方コンビニ行ったら自動車雑誌が売ってたので 「ほう?新インプの販売マニュアルがスクープか」 
とパラパラ立ち読んでたら後半に過去の車のデザインだかのコーナーがあってワースト付近で我等がレクサスシリーズが散々こき下ろされててワーストの1-5位圏内になってた
評価も「車のデザインを馬鹿にしてる」とか『自称』車評論家の連中が言ってたな・・

けどさぁ・・・レクサス系列3種集めて1000人ぐらいのコミュの参加者って全部「趣味の悪い人間」なんかな?皆この車のデザインに惚れ込んで絶版になっても大事に乗ってる人達はこういう記事観てどう思うんかな? 
はっきり言えばお前さん方の絶賛してる車の方が余程デザインが腐ってると思うよ
デザインの好き嫌いなんて個人個人で違うんだから「声の大きいだけの人」が人の車の誹謗中傷してんじゃないよ
昔からレクサス系列に否定的な内容多いけど今回はもう頭に来たからもうこの雑誌買わないわせいぜい記事の穴埋めの「懐かしの名車」とか「何々のGT仕様が出る!」とかオナニー記事・詐欺記事書いてろよ
俺は既存のシャシー、パワートレーンを流用してコンセプトカーをまんま市販してしまうという「やっつけ感」が好きなんだよ
ちょっと不便でも我慢して乗れる「価値」があると思うから乗ってんだよ
と言う訳で他人の車の誹謗中傷はしない方針にしたので「ランヘボ」「チンプレッサ」の揶揄名は永久封印します
でもオデッセイとBbはDQN率が高いので「敵」認定。 
デザインで言えば・・・今のマツダの顔周りが嫌い
オッサン臭いと言うかスポーティなツラとは思えんなぁ
まだそこいらのデザインが入ってないデミオが次のモデルチェンジでどうなるかだな。 
逆にレヴォーグ・インプ・フォレスターを初めとする今のスバルの顔周りは歴代で一番カッコイイと思う
ここ最近はインプ丸目が嫌なので涙目で我慢と思ってたがそれ以上に新型カッコイイじゃない
ちょっと前の車の無骨な感じが残ってていいと思います。 
パジェロに乗ってた事で思いいれのある三菱は・・・ランエボもああなっちゃったしギャランはもういいしミラージュも期待ハズレなんでもう三菱終了
とか言ってたら愛車のリコールの御葉書
助手席エアバック作動時に発火の恐れがあるから代用部品揃うまでコネクター噛ませてエアバックオミットにして助手席に注意のステッカー貼るそうな・・・都合2回も販売店に行かなきゃならんじゃないか!折角今まで褒めてヨイショしたのに・・・


愛車は無事でした

うちの子が車検&足回り修理から帰ってきました。
結論から言うと壊れてなかったようです。
ハンドリングが軽くてビックリしました。車検だしたところもとい中古車屋さんはちょっと怒ってました。
なんせ何も無かったので・・・
ちょっとわからなくなってしまいました。
クリスタルはエボみたいな車を何台も見てて尚且つアライメントに関しては膨大なデータと技術があるわけで。
しかも今回直してくれたのはまさかのタイヤ館でしたww量販店をバカにしてるわけではありません。クリスタルがサジ投げたような車を量販店がサクっと修理してしまうのは滑稽だな。って。
結局ヒューマンエラーだったのかなぁ。右リアがひどかったみたいですが話によるとありえないくらいツマミをいっぱいに回してあったらしくこれが原因で全体が狂ってたそうです。
結果的に良かった・・・ようななんというか、モヤっとする感じです。


中古車の寿命

運転免許を取った後に、車を買わなくちゃ。
ほしいのがトヨタのエコカー プリウス。友達のアドバイスで中古車を探していた。プリウスであまり人気で中古車でもあまり安くはない。
中古車を諦めて新車を探すところで、別の中古会社(カローラ)に入った。するとたまたま試乗車で入庫したプリウスと出会って、一目惚れでそれを気に入った。すぐ契約を結んだ。後、納車を待っている。
ダイハツのお店に車を見に行ってきました。
新車っていいね。
新しいもの好きの自分には魅力がありすぎます。
ただ値段は安くないので、気軽には買えませんけどね。

そろそろ自分の車が寿命です。
なので、車探しをしてみました。
車にこだわりはないので、とりあえずダイハツによってミラ・イースを見てきました。
んー、新車っていうのがいいよね。自分でオプションとか色とか考えられるし。
でも、お値段が・・・。
オプションを色々つけてみたくなる。

中古車も安くないけど、中古車の魅力ってなんだろう?ってなってきました。
長く乗ることを考えると、中古車よりも新車がいい、と思えてきました。
中古で安く車を買えても、ちょっと不安があるまま運転するのもな。
新車を買ってみたい。

新車を買うとなると、なんだかんだ100万円を軽く超えるのですが、そんなお金を現金では持ちあわせてません。
やっぱり分割払いのローンですよね。
見積もりを作ってもらったのですが、月々17000円くらいでした。
んー、払えなくはないけど、なかなかの負担です。

いろいろと考えてみてますが、車のない生活も考えてみよう。
近場の移動は歩きでいいし、ちょっと遠くなら電車やバスかな。
そんな生活を数ヶ月してみるのもありかもしれない。最近、運動不足ですし。

んー、なかなか悩んでいます。
けど、新車の購入には夢がありますね。憧れる。
でも、お金に余裕もない。それが現実。
まだ購入しないのが一番なのかな。